Bright white 6500K LED light. ハロゲンらしい柔らかい発光です。明るさだけを見るとLEDには一歩及びませんが、大切なのは視認性です。色味はブロンドイエローに感じました。, 斜め後方からの撮影です。 落ち着いた明るさと表現しましたが、アングルを変えてみるとフォグの中心部から強い光を発しているのがわかります。車両前方に対しては特に強そうです。, 斜め後方からの撮影です。 In addition, a LED bulb uses substantially less energy Entdecken Sie Sortiment an Philips LED-Scheinwerferlampen:[≈H4],[≈H7],FOG… 雨や霧の時や降雪時はホワイトのフォグでは前方視界が悪いのですが、切り替え可能にすることでネガティブなポイントは解消しています。, またホワイトは実際使用すると夏くらいの夜は非常に明るく視界は良好です。真正面から見ると無造作に光を散りばめる事無くしっかりと前方を照らしている印象でした。, 斜め前方から明るさを確認するとかなり眩しい状況です。 他製品の黄色味よりも白味が強い印象です。カスタムやドレスアップには鮮やかさも相まって似合うかと思います。, 室内からの撮影です。 真正面から見た色味とかなり印象が変わっているかと思います。LEDよりもハロゲンに近いようなナチュラルな感じです。, 比較していくと6000Kという色温度の範囲でも、個性的な爆光を放つLEDもある中で一際落ち着いた雰囲気の明るさだと思いました。とは言え、こちらも十分な明るさです。, 斜め前方からの撮影です。 省エネ・高輝度のLEDヘッドライトやファグランプが高級車などで普及してきましたね。また美しいLED光源を手軽に楽しめる交換用バルブも普及しきました。, H11タイプのバルブはフォグランプを中心に、4灯式ヘッドライトにも使用されているソケット形状です。2000年に開発された比較的新しいソケット形状でH8、H9、H11、H16と互換性があります。ただソケットに互換性はあっても定格消費電力とサイズに違いがありますので注意が必要です。, >>>車種ごとのソケット形状はこちらで確認できます >>>H4ヘッドライトのLED化ならこちら >>>ウェッジ球のLED化ならこちら, H8、H9、H11、H16のソケット形状は同一ですが、「定格消費電力」が異なります。またH16は本体サイズも異なります。, H16は定格消費電力が他の規格と比べ低いため交換には注意が必要です。例えばH16にヘッドライトで使えるような35WのLEDバルブを付けると「ヒューズが切れる」「ランプシェードが溶ける」などの不具合が出る可能性がありますので注意して下さい。, H11はフォグ、ヘッドライト兼用。その他はほぼフォグランプだけに採用されています。, LED発光素子の製造はほとんどは中国で、日本メーカーのLEDバルブでも発光素子自体は中国製です。, GreenClickはLED製品を多数扱う中国メーカーで、一般家庭用LED製品から自動車のLEDヘッドライト・フォグランプを製造・販売し高い評価を得ています。, GreenClick製のLEDバルブでH11タイプだけでも3タイプもラインナップされています。ここではその3種について違いと特徴を解説します。, 対応ソケット形状はH8/H11/H16とありますがH9でも使用できるはずです。ただ規格値より全長✕バルブ径が2〜4mm程度と僅かですがオーバーしているものもあります。, フォグやヘッドライトはギリギリのサイズでは作られていないので大丈夫な場合がほとんどですが、気になる場合は事前に車両を確認しておくと良いでしょう。, 1000LM SMDの消費電力はカタログには載っていませんでしたが素子タイプと全光束から20W以下と思われます。, COBとSMDはLEDの発光素子(LEDチップ)の取付方法です。自動車用ヘッドライトとしてのメリット・デメリットは下記となります。, LEDチップ COBとSMDの違いについて | LED照明製造・販売・開発・OEM・ODM (株)グッドグッズ, 【メリット】 チップ自体が安価なため製品も安価な傾向です。 【デメリット】 SMDチップは1個当たりの明るさが低いためたくさん実装する必要があります。そのため振動の多い自動車用ライトとしてはCOBより耐久性に劣る傾向があります。, 【メリット】 放熱性が高いため同じ温度内であればSMDより高輝度なバルブを作ることが出来る。 【デメリット】 SMDに比べLEDチップ自体が高価になりまたバルブの製造コストも高額になります。, GreenClickのCOBタイプ素子を用いたLEDバルブです。H16でも使用できる20Wの消費電力で1200LMの高い全光束を実現します。, >>>【参考】Amazonで「GreenClick 1200LM COB」を最大1,000円引き引きで買う裏技, 非常にコンパクトなGreenClickのSMDタイプのLEDフォグランプです。わずか10Wと消費電力が非常に低く、バッテリーやオルタネーターへの負荷低減で燃費改善の効果も期待できます。, >>>【参考】Amazonで「GreenClick フォグランプ H8/H11/H16」を最大1,000円引き引きで買う裏技, IP67という非常に高い防塵・防水性を誇るGreenClickのフォグランプです。オフロードモデルなどのヘビーユースや高圧洗浄機も安心して使えます。, >>>【参考】Amazonで「GreenClick フォグランプ IP67」を最大1,000円引き引きで買う裏技, LEDフォグランプには発光素子を複数搭載し、ホワイト以外の色を発色できるマルチカラータイプのLEDフォグランプも販売されています。 一般的にはフォグランプのON・OFFを繰り返すことにより色を変化させることができます。, ・全長が71mmと規格より6mm程度大きくなります。取り付け位置に十分なスペースがあることを確認して下さい。, >>>【参考】Amazonで「LEDフォグランプ H8 H11 H16 2800LM」を最大1,000円引き引きで買う裏技, >>>【参考】Amazonで「クイーン 2色切り替えLEDヘッドライト」を最大1,000円引き引きで買う裏技, マイナーな中国メーカー製のLEDバルブは非常に安価です。ただ耐久性が低かったり、保証期間中であっても会社自体がなくなったり、日本に代理店がないため保証を受けるために中国メーカーと交渉する必要があります。, 大手のLEDバルブメーカーであれば非常に品質も高く、また万が一の不具合時も日本に代理店がるので安心です。価格は高くなりますが長く使うつもりであれば大手メーカー製も選択肢の一つでしょう。, 3年保証 12V 10Wの超低消費電力でH8/H11/H16に対応したPHILIPSのLEDフォグライトです。LEDバルブとしては破格の3年長期保証が標準で付帯します。, 3カラー シリーズは2700K(黄色)、6000K(白)、6500K(青みがかった白)の3色展開, >>>【参考】Amazonで「12794UNIX2JP」を最大1,000円引き引きで買う裏技, 3年保証 国内自動車部品メーカーでもヘッドライト関連ではトップクラスのIPF。12V 12W H8/H11/H16に対応したIPF製のLEDフォグライトです。フィリップスと同様に3年長期保証が標準で付帯しますが少し安価な傾向です。, 3カラー 2400K(黄色)、5000K(白)、6500K(青みがかった白)の3色展開, 例えばH16バルブはH11にも取り付けられますが、H16バルブは19Wまでと非常に低い消費電力を想定されているため光量が足りません。, ここではH11タイプの全光束の高いヘッドライトにもつかえるLEDバルブを紹介します。, >>>【参考】Amazonで「Autofeel ヘッドライト LED H8/H11兼用」を最大1,000円引き引きで買う裏技, >>>【参考】Amazonで「Autofeel ヘッドライト LED H8/H9/H11/H16兼用 8000LM」を最大1,000円引き引きで買う裏技, いかがだったでしょうか?H11をはじめとしたLEDヘッドランプは互換性や消費電力の兼ね合いで少し気をつけなければいけない製品ですね。, とくにヘッドライトにも使えるH11は消費電力、発熱ともに大きいため互換性には特に注意が必要です。誤った使い方をするとヒューズぎれやランプシェードの破損など思いもよらぬ事故につながる危険性もあります。, フォグランプであれば元々の消費電力も少ないためさほど気にする必要はありません。また配光に関してもヘッドライトのロービームほど気を使わなくても良いでしょう。, LEDバルブはハロゲンより圧倒的に長寿命でHIDより機構がシンプルな理想のライトバルブです。愛車のドレスアップやチューンナップ、省エネ化に最適なLEDバルブを見つけてくださいね。, 【車検場 持ち込みテスト】fclのLEDヘッドライトバルブは余裕で車検をクリアする爆光バルブでした, 気になったら徹底的に調べないと気がすまないリサーチ魔。あらゆるモノ・コトについて調べ上げた結果を共有するサイト「モノログ.fun」を運営しています。. With clearer vision you’re better able … フィリップスは、ハロゲンバルブ、HIDバルブ、LEDバルブなどの自動車用ライティング製品を扱っています。フィリップスは自動車照明市場で100年を超える歴史を持ち、高品質のバルブを提供し続けていま … 【3年保証】 BEAMオリジナル 正規品 LEDバルブ カットラインもバッチリ LED化で明るいヘッドライトへ 送料無料 LEDヘッドライト BEAM製 LEDバルブ 16000ルーメン ファン付き 車検対応 H4 H1 H8 H11 H16 HB4 PSX26W 6500K 12/24V兼用 PHILIPS製チップ フォグランプ オールインワン ヘッドランプ フィリップスの自動車用ハロゲンバルブは、明るさをキープしながら消費エネルギーとコストの削減を実現。高い品質基準のオリジナル製品を扱っています。 イエローに切り替えてもやはり上向き加減で照らし出しています。, 斜め後方からの撮影です。 The Philips Ultinon Pro9000 sets a new standard in retrofit LED bulbs. Our patented SafeBeam technology projects 200% brighter light exactly … 留意点としては、車種によって配線カプラの取り付け位置が逆になると追加パーツか加工で対応しなければなりません。, 斜め前方からの撮影です。 標準モデルは小さなLEDチップが4つ縦に並んでいるのに対して、ハイスペックモデルは4つのLEDチップが真ん中に集中して設置してあります。, なぜ、このような事をするのかと言うと、標準モデルよりも明るさを出すためです。 文字がハッキリと映し出されています。この高さまで光が届いているので存在感は強く、インパクトはかなり強く感じました。, イエローに切り替えるとまた印象が変わって見えます。鮮やかな色合いはレモンイエロー系に感じました。, 斜め前方からの撮影です。 明るさや色味の変化でハロゲンよりさらにハッキリと文字が確認できます。, フィルムとLEDのイエローの組み合わせですが、あまりフィルムの効果がないような気がします。色は元のLEDの同様のサフランイエローに感じました。, 斜め前方からの撮影です。 日本ライティングの商品で例えると、H11タイプのLEDには「標準モデル」と「ハイスペックモデル」の2商品があります。, 見ていただくと違いが分かると思います。 AUXITO H11 H8 H9 LED Headlight Bulbs 12000lm Per Set 6500K Cool White Wireless Headlight LED Bulb, Pack of 2 Philips 9005 CrystalVision Ultra Upgrade Bright White Headlight Bulb, 2 Pack Torchbeam T2 9005 H11 LED Headlight Bulb Kit, High Beam Low Beam, 16000lm 6500K Cool White, 400% Brightness, Compact Design, Replacement Bulbs, Pack of 4 Because H11 headlights feature a wide variety of lamp brackets, you can sometimes have trouble fitting LED lights. LEDヘッドライト LEDフォグランプ H8/H11/H16 LEDライト 3000K-6000K ツインカラー 4600LM/30W 車検対応 Philipsチップ 1年保証付き LEDバルブ フォグライト 価格5,980円(税込) 壁全体がイエローに染まる程の配光具合です。予想通りの上向き加減ですが、個人的にはもう少し下を照らした方が好みですが、値段の割にはかなりの光量を有しているのがわかります。, 室内からの撮影です。 真正面を照らし出しています。ヘッドライトが不要なくらいの明るさの反面、ホワイトの光が文字に反射してしまい、読み取るのが困難なくらい眩しいのがわかります。, かなり強い光を発しているのが伝わると思います。強烈な明るさと鮮烈な色味もあり、色を切り替えてもインパクトは強いです。色味はカドミウムイエロー系に感じました。, 斜め前方からの撮影です。 フォグの配光は路肩より前方を照らす印象です。チップ配列で若干の差で生まれますが、明るさも十分なので側道も余裕で確認できるレベルです。, 斜め後方からの撮影です。 These lights will give you bright white light than projects farther in front of your vehicle than the light from your old Halogen bulbs could project. 明るさは十分ですが写真で見ると配光は中心寄りでやや高めの印象です。この状態でも夜間走行できるくらいの光量はありますが、ホワイトの色味での雨天時や霧の時、降雪時は乱反射して視界が悪いのが予想出来ました。, 室内からの撮影です。 最初の印象通り、上向き加減の配光になります。高さがある分だけ前方視界は良好です。, 室内からの撮影です。 白い文字の見え方もホワイトで照らし出すよりハッキリ読み取ることが出来ます。, 最近のLEDは値段もお手頃なものが増えている中でも比較的、高価な価格帯になります。 かなり明るいのがわかるかと思います。照らす範囲は上方で強烈なインパクトがあります。, 室内からの撮影です。 壁に照射すると色味が元のイエローよりもフィルムを追加した分だけやや濃いめには感じます。, あまり大きな違いはありませんが、常にイエロー系で点灯していたい人には、ホワイトとイエロー切り替え可能なLEDとフィルムの組み合わせは良いかもしれません。, 今回は商品の優劣をつけるための比較ではなく、ご自身が求めている2色切り替えLEDバルブの判断基準にしていただければと思います。 Yes, Philips LED Upgrade bulbs has an extended lifetime, which means you save the cost and hassle of frequent bulb replacements which on average occur every 1-3 years. こちらもホワイトなので文字は読み取れますがやはり白い文字は見えにくいかもしれません。明るさは十分です。, イエローに切り替えるとまた印象が違います。全体的に眩い鮮やかなイエローで、かなりの光量に感じました。ホワイトよりも光量が多く、路面全体を照らしているのがわかります。, 斜め前方からの撮影です。 ハロゲンバルブは360度発光に対してLEDは180度発光になるので、純正バルブのカットラインを出すためには、発光点の位置や中心点からの距離が影響してきます。, カットラインを出しながら、明るさを更にUPするのは、チップの性能と放熱性の向上などが大きく関わってくるため、現実的には難しいです。, そのため、配光を捨て、明るさに専念したのがハイスペックモデルです。配光が出なくなったことで、使用できる箇所は、ハイビーム・フォグランプ・プロジェクタータイプのロービームのみとなります。, リフレクタータイプのロービームは、リフレクターに反射して配光を出す仕組みのため、取付け不可となっています。, 日本ライティング以外のLEDでも同じように考えて商品を選ぶ必要があります。リフレクタータイプのロービームであれば、配光ができる仕様のLEDバルブを選ぶ必要があるので、配光が出ない3面発光のLEDや弊社のハイスペックモデルは避ける必要があります。, ただ、プロジェクタータイプであれば、プロジェクター内部で配光を調整するため、配光重視のLEDよりかは、明るい仕様のLEDバルブを選択するのが良いと思います。, フォグランプにイエローを入れる人は最近多くなっています。また、人気をさらに加速させたのが2色切り替えタイプのLEDバルブが登場したことも影響しているのではないでしょうか。, 一口にイエローと言っても今真剣にイエローバルブを選んでいる人にとってはゴリラと人間くらい違うというかもしれません。, 確かに、おっしゃる通りイエローと言っても昭和に流行った「濃いイエロー」か「レモンイエロー」またまた、バルブごとで言えばハロゲンのイエロー、HIDのイエロー、ヘッドライトにフィルムを貼る場合もあります。, このようにイエローと言っても色々なイエローが存在するのですが、各メーカーから販売されているイエローは、果たしてどんなイエローなのでしょうか。, 僕の田舎は雪が多く降る地域の為、フォグランプは便利で視界も確保できる必須の装備だと思っています。テストを行ってみて個人的に好感度の高いイエローは【 サフランイエロー 】や【 カドミウムイエロー 】でした。, 色と明るさが相まって最もナチュラルな照らし方をしているからです。とは言え、明るさが足りないと感じれば好みの色でも取り付けるのは躊躇います。トータル性能で明るさや色合いは【 サフランイエロー 】【 カドミウムイエロー 】を発光するLEDは自分の生活環境に合っていました。, 今まではハロゲンを使用した方が色温度の関係で視界の確保には有利と思っていました。今回はホワイトとイエローの切り替え可能なフォグランプを使用し、ハロゲンには無いオシャレさや、HIDにはない切り替えの優位性を感じました。, そんな有意義なテストの中でも一番驚いた発見は『明るさ』=『視認性』ではない事です。, 一般的にホワイト色でもイエロー色でも、明るければ見える、見えやすい、と捉えがちですが、明るすぎるLEDやHIDは対向車に対して迷惑なだけでなく、逆にモノに反射して見えにくい状況を生み出すリスクを確認しました。, イメージしてもらうとわかりやすいですが、室内インテリアの間接照明のような照らし方のほうが反射しやすいものは見えやすくなります。, 降雪時や霧の濃い状況では明るさも重要ですが、直接的に照らす色合いよりも柔らかい色で、発光も適度な方が運転が楽になります。この経験を踏まえた上で、フォグランプに必要な性能は以下の通りです。, 安定した視界を得るにはきちんと発光してチラつきや乱反射しない計算されたチップ配列と熱処理が必要です。中には、非常に安価ながらもとても明るいLEDフォグもありましたが、ファッションとしては格好良くても実用となると視界確保が難しいと感じるものもありました。, 非常に明るいホワイト色の場合、車内から障害物を確認しても反射光が多く、運転していても眩しいと感じる状況がありました。, イエローに変えても、やはり各メーカーで差があり、場合によっては見えにくいモノもあります。適切な色温度を使用することで運転の疲れ方も違うので、あまりに青っぽい発光をするフォグやヘッドライトは安全面でも個人的にはオススメ出来ないと思います。, フォグランプはあくまでもフォグランプです。明る過ぎてヘッドライトの明るさを超えるモノは対向車にもストレスを与えますが、降雪時や濃霧が発生している時は明るさが乱反射して逆に前方視界を遮ってしまいます。, これはイエロー色に切り替えても同じで、明るすぎる事で運転する側も負担が増えてしまいます。チップ配列がしっかりとしているメーカーは明るさを保ちつつ、光軸も大きく変化しない為、きちんとフォグランプとして機能している印象を受けました。, 今回テストに使用した車は主に生活のために使用しています。いわゆる足車と呼ばれる使い方をしています。このような使い方をする状況であれば、安心して使用できるLEDフォグをおすすめします。車も詳しく運転も堪能であればファッション的なLEDフォグも考え方次第では良いと思います。, しかし、そうでない人が乗る車の場合はきちんとした安定性、視認性、違和感なく操作できる色の切り替え、は必須です。降雪時に使用してフォグの視認性が悪く車をぶつけたり、事故に遭ったり、その車に子供が乗っていたりとリスクを考えるとコストパフォーマンスや値段では選べないのが安全性能です。, このように考えると、どんな使用状況の車であっても、また誰が使用しても、安全に使える品質を提供しているメーカーでなければ積極的に他者におすすめは出来ないとより感じました。改めて他者に配慮した視認性の高いLEDフォグを取り付けたいとこの実験で感じました。, それでは、日本ライティングを含めみんカラで人気なメーカー、Amazonで売れているメーカー、2色切り替え以外にもHIDの3000ケルビン、またはフィルムタイプ、ハロゲンの極黄色なども合わせて色味の違いなどを比較してみましたので、御覧ください。, 手元のスイッチで手軽にホワイトとイエローに色合いを変化することが出来ます。

Husqvarna Hu700h Blade Adapter, Sur Ron Battery, Forum Energy Technologies Layoffs, Apology Letter To Boyfriend For Being Insecure, How Many Abortions Has Planned Parenthood Performed Since It Began, Ch4 Symmetry Elements, Steven Lubensky Net Worth, Minecraft Desert Seed 2020, Bubble Tea Game,